経済は世界史から学べ!〔著者:茂木誠〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

後悔は先に立たないが、いつからでも学べる!

学生のころは、あんなに嫌いだった社会科の授業。
嫌いだったから、苦手だった「世界史」&「地理」。

大人になって、経済に興味を持つと、途端に必要になる。

だったら、中学のころに、そう言ってくれれば良かったのになぁ・・・

 

と、ボヤいたところで、どうしようもないので、この本を手に取ってみた。

ひと言で表現すると「やっときゃ良かった社会科の勉強」です。

とても分かりやすく書かれており、歴史(政治)と地理(地政学)などへも興味が広がる一冊です。

 

・中央銀行設立の動機は国の借金である国債を引き受ける事
・日銀が大蔵省から独立したのは1997年と最近
・ドイツの統一は政治的・軍事的には仏への対抗、経済的には英への抵抗するもの

などなど、興味ある解釈である。

益々グローバル化が加速する社会にあって、どんな態度で、どう振る舞うことが良いのか?改めて考えさせられました。

 

巻末の読書案内がまた秀逸である。
「もう少し先へ進みたい方へ」と推薦されている著書は、どれも興味深い本ばかりだ。
著者の見解に敬意を表し、積極的に先へ進んでみたい。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る