[現代語抄訳]言志四録〔著:佐藤一斎/訳:岬龍一郎〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本を読む目的

岬龍一郎氏の視点での「言志四録」を感じてみたかったから。

一番印象に残ったこと

言志四録の素晴らしを、岬先生の熱い情熱でグイグイ引き込む感じになっている。

実践すると決めたこと

改めて、原文の素読をすることと、当時の歴史を読み返すこと。

この本を薦めたい人

息子

この本の著者に会いたいか?

岬先生が主催する「岬塾」には、一度足を運んだ。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る