1分間問題解決〔著者:K.ブランチャード 他〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

僕にとってバイブルの一冊。
もし、この本に出会わなかったら・・・背筋が寒くなります。

この本に出会うまでも、やみくもに、ただガムシャラにやってはいたのですが、それはやっぱり「勘と度胸」。この本で体系的(システマチック)に問題解決に取り組むようになって、とても楽になった。そういう一冊です。

この本は帯に書かれていた、まえがきの抜粋を見て、一目惚れしました。

いますぐこの法則を実行することで
あなたが失うものは何もない。
それどころかすべてを手に入れることができるのだ。

書店の本棚に一冊しか残っていなかったこの本を、急いでレジに持っていった記憶が残っています。

あっ、ブログのタイトルには長くなってしまうので、著者として「K.ブランチャード」しか書きませんでしたが、共著者に「ダナ.ロビンソン&ジム.ロビンソン」がいます。

前後しちゃいますが、急いでレジで支払いを済ませた僕は、あわてて書店の近くのカフェに入って、コーヒーを注文しました。すべてを手に入れたかったから・・・。

そして、読み終えて気がついたら、目の前には、氷が溶けてしまった水の入ったグラスと、袋に入ったままのおしぼり、冷たくなってしまったコーヒー、そして支払いの伝票がありました。

赤ペンで線も引かず、付箋もはらず、どこも折り曲げずに読んだ最初で最後のビジネス書でした。

その後、何度も読み返す前に、実はノートに全文を書き写しました。
学生時代には最も苦手だった「丸暗記」をしようと思ったからです。

この本は、小説のように読めるように書かれています。
主な登場人物は4名。

  • 主人公のビル
  • ビルの相棒、サラ
  • 2人の上司(社長)のアンジー
  • 造園業の社長、マイク

社長のアンジーの代わりに、ゴルフコンペに行き、そこで造園業を営む社長・マイクと同じ組でラウンドするところから、この物語は進展する。

ネタバレも含みますが、マイクこそ、問題解決の4つのステップ「GAPS」を考えたその人。

GAPS とは・・・

STEP.1)“あるべき姿”を求めよ
Go for the “SHOULDS”】

STEP.2)“現状”を分析せよ
Analyze the “IS”】

STEP.3)原因をつきとめよ
Pin down the CAUSES】

STEP.4)適切な解決策をとれ
Select the right SOLUTIONS】

の4ステップのこと。
この具体的なステップを知ったときの感動は忘れられません。

あと、まえがきの中にある、この本が伝えようとしていることの1つ

問題を解決するのは
ギャップを撃退するのは
あなたの責務だということ。
支援や指導やカネがないことは
言い訳にならないのだ。

という部分が、当時の僕には痛烈でした。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る