ロックで独立する方法〔著者:忌野清志郎〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

きっと何度もこのブログに登場する本です。
私自身にとっては、バイブルのような本だからです。

表紙の「自分の両腕だけで食べていこうって人が、そう簡単に反省しちゃいけない」っていう言葉だけでも、シビれてしまいますね。

 

この本を読む目的

最近、いろんなことが重なって、僕にしては珍しく、まあまあ凹んでました。
そこで、原点に帰る目的でバイブルを手にしてみた。

 

一番印象に残ったこと

ワリと冒頭のインタビュー部分で、デビュー前のアルバイトについての質問の当たりの清志郎の回答が、ズっシンと来る。

何をやるにしても、どれくらい覚悟があるのかってことだと思う。
俺は運よく、早起きができず新聞配達すらできなかった。

フリーターやりながらバンドやってる奴らは「練習時間がねぇ〜」とかボヤいてて、結局、知らないうちに消えていた。

フリーターで何時間も働いて、帰ってからもちゃんと自分のやることもできる。

ちょっとしか寝なくても大丈夫!ってくらいのヤツなら期待できるかもしれない。
それでもできないってことは「音楽で独立する」覚悟なんかなかったと・・・。

まあそれだけの話しなんだけどね。

ここに今の僕のモヤモヤが集約されている。

 

実践すると決めたこと

自分にも、相手にも、必ずコミットメントを確認してから取り組む。
コミットしない相手とは、組まない。

まずは、自分がコミットするために、ブログにプロフィールを書く。

 

この本を薦めたい人

頑張ってるつもりだけど、なかなかビジネスがうまく行かない人。
頑張ってるつもりだけど、なかなか思うように稼げない人。

頑張ってるつもり・・・の、自分の覚悟のなさ、ヌルさに気づいて欲しい。

 

この本の著者に会いたいか?

忌野清志郎。
僕の絶対的な神であり、強烈なカリスマ。

会えるものなら会いたいさ。
でも、もう会えない。死んじゃったからね。

生前、ライブは数え切れないほど行ったよ。
「愛してます!ありがとう!」

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね ! しよう

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る